スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#15 白の塔の戦い 後編2


ー遠くの方で聞こえる爆音ー




ー戦いの匂いー




ーすぐ近くで感じる振動ー





ー戦士は一人、薄暗い廊下で目を覚ましたー




アイタタタ・・



・・あーーー・・・。



・・・くそ・・思いっきりやりやがって・・。




あの野郎・・見つけたら5回は殴るぞ・・。




ー目覚めた戦士はよろよろとした足取りでー




ー光の刺す方へ歩き出したー
















ポタ・・・ポタ・・



ークアトロの瞳から滴り落ちる、紅い液体ー






ぐっ・・・。






ー残された左の腕で、傷ついた左の瞳を押さえるー


(ぐっ・・視界がぼやける・・。体も重い・・。)




「・・はは、やるじゃあないか、キリコ・・。」






ー精一杯の強がりと残された右の瞳でキリコを見据えたー





ーその瞳の先ー




ー圧倒的、優位に立っているはずのキリコが膝から崩れ落ちたー




8040701_1669557127_60large.jpg






「!?」





・・キリコ!?





 


 ぐっ・・はぁ、はぁ・・!!






ーキリコの白い肌は真っ赤になっていた、今にも・・燃えてしまうかのようなー






キリコ・・?





 は・・はは・・。

 情けないですね・・。貴女の腕と瞳を奪うだけでこの有様ですよ。





おまえ、あのジェリ缶・・






 ・・・「液体発電燃料SOFC。」


 元々は、天罰3番副隊長の戦い方を参考に、夢幻が開発した物ですよ・・。

 体に必要量異常の電力を流し込み、瞬間、爆発的に運動性能を上昇させる。

 
 


な!?そんな事をしたら!!





 はは、もちろん実用化前の代物なんですが・・ぐっ!?



 ・・これは失敗作ですね、蒼電のアレとは違って常に負荷を与え続ける・・



 ・・本当は、あの女相手に使うはずだったんですけどね・・。





ーそう喋り終えると、キリコは再び立ち上がったー









「キリコ!!もう戦うな!!これ以上は体が・・!!」






 ・・隊長、後戻りは出来ないと言ったでしょう!?




 ここで引くことなど、出来ないんですよ!!






ーキリコは再び大地を蹴り上げるー






ーが、ソコに先程までの姿は無かったー






ー今にも、止まってしまいそうなー






ー儚い姿ー





(キリコッ・・!!)





ーそれは・・ー




ー右の腕と左の光を失ったクアトロでも反応できる程にー





-振るう刃は弾かれ、今やクアトロには届かない-






「ぐうっ!!」



「まだ・・!!マだ・・・!!」







ー言葉とは裏腹に、体が動かないー

ー全ての関節が、悲鳴を上げるー



「くそ!!・・ナんで!!・・なんデ!!」





ベキッ!!- 




ー踏み込んだ右足が悲鳴を上げたー




ー通常の何倍もの力での急停止&急加速、その反動は熱と磨耗で脆くなった関節から起きたー





 「ぐっ・・はぁぁ・・・!!!!ア・・」






「もう止めろ!!・・もう、止めるんだ!!」







・・「は、ハhあははh・・」




・・「なんで、こんなコトになったんデスカネ?」




「ワタシは・・タダ・・マスたーと・・」 





「もう喋らなくていい!!」




今からでも!!まだ間に合う!!急いで手当てをしよう!!






・・ダメなんですよ。





・・コレは一度取り込んデしまったら・・発電を止めない。ワタシがトマrまデ・・ネ・





「!?なんでそんな物を!!」




・・貴女ニハ、解ラないですヨ・・。弱いモノの想いナんて。






・・





・・・隊長、コレが最後デす。コレで全てヲ終わらせマショウ・・。






8040701_1669472647_253large.jpg







ー!?ー



ーキリコの体が見る見る内に紅く、その輝きを増していくー






これは・・まさか!?





爆発!?





ー発電は止まらないー




ーしかし、その膨大なエネルギーはもはやキリコの中には留めて置けないのだー





「な・・!!こんなの、この庭園だけでは済まないぞ!!」








「くっ!!こんなのどうしようも・・!!」






 「サヨナラです、隊チョウ・・」









「!!」













ー風が吹いたー












ー塔の中から信じられないスピードで突如現れたソレはー










ークアトロに一瞥すると、キリコを抱え空へと舞い上がったー








・・な!?・・フレア!?










8040701_1669460672_207large.jpg





 to be continued.

スポンサーサイト
[ 2012/06/08 01:06 ] ss | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。