スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

48 サリエル

ー半壊した街を走り抜けarea51へー


ー荒れた道が続いたが、大きな混乱もなくたどり着いたー


ー道中セブンの車椅子は信じられないスピードで走り、本当にバイクにピタリとついてきたー








・・拍子抜けだな、


ここにくるまで、お化けどころか「人っ子一人」みなかったぞ?



(なにがオリオンやセブンを襲ったんだ?)




ーオリオンは口を開かず、目下の建物に釘付けになっているー



ー隕石の落下の影響なのか、基地の半分は粉々に崩れていたー




・・警備システムも動いてないようっすね。


わかるのか?


失礼っすね。僕を誰だと思ってるんすか?



・・これは失礼。「蒼電」殿。






ふむ、ここでじっとしていても仕方ない・・。



警備システムもダウンしているなら都合がいい。


俺らの欲しい物も、あの中にあるようだしな?



ーオリオンがセブンの腕の中のPCに目を向けるー




・・はぁ・・はぁ・・


セブンchanのおっ○い・・


モウ、デリートしてもイイ・・







20140128203456934.jpg



(・・うわぁ、本物だ・・コイツ)




ーあの仏頂面のオリオンですら、嫌な顔を隠せないようだー






・・Next?まだ、デリートしたらダメですよ?


まだ、私あなたの「本体」を見つけてませんからね?




ーセブンの優しい声と、「ミシミシ」と何か、金属が歪むような音が交差している・ー



ーセブンは一層強くPCを自分の方へ引き寄せ否、締め上げて・・ー





oh!?マって!!

セブンchan!?オレっちのスーパーボディが軋む音が・・





・・まぁ、アレはセブンに任せておくとして、


取りあえず中に入ろう。


















ー正面の扉も破壊されていた為、すんなり屋内に入り込めたー





・・この扉は隕石っていうより中から人が逃げ出す際に壊れたのだろう。



セブン、マリア、この奥はどうだ?



この奥からも別段反応はありませんね。


つーか、この建物、電気系統おしゃかになってるっすよ?


何にも気にしなくて大丈夫っすよ。



ーマリアがヅカヅカと歩き目前の扉をこじ開けたー



おい!?バカ!!


もう少し、警戒して・・



ーその瞬間大きな警報音と共に部屋全体が明るくなったー





「警告!!」「警告!!」





「へ!?」





~~!!


馬鹿!!おまえ何さわった!?




いやいやいや!!僕何も触ってないっすよ!?



それに!!電気系統が生きている気配なんて!!




あれ!?今も・・反応なし!?


ほら!!先輩!!僕やっぱり悪くないっすよ!!



馬鹿かお前は!!じゃあ、今なんでこの部屋明るくなって警報音鳴ってんだよ!!


「お前が壊れてんじゃねぇか!?」






・・いいえ、フレア、オリオン。私の方にも反応なんてありません。



これは・・





「???」



もぅ、誰よ?こんな時間に・・五月蠅いったらありゃしない。




ー全身紫色の神姫が欠伸をしながら奥の扉から現れたー





うぇ!?



・・なんすか、あの色?

体長悪いんすか?病気っすか?



「ゴッ!!」


ーフレアのげんこつが落ちたー



馬鹿が、神姫が病気になるか!!










「サリエル!!」



ーオリオンが怒りを露わにして、紫色の神姫を睨んでいるー




fc2_2014-02-08_15-49-55-545.jpg






・・あ?



・・誰よ?あんた?




赤髪と金髪とチビの知り合いなんて、いないわよ?




ん~?



・・あらぁ?後ろの車椅子の娘は見覚えがあるわぁ♪

 

この間、仕留め損ねた娘じゃない♪



アナタ・・いいわぁ♪


そんな身体で前線まで出てくる度胸♪


私に対する憎悪の瞳・・・♪


私のコレクションに加えてあげる♪




・・・先輩、なんすか?アレ・・


知らん。目を合わすな。




「サリエルぅう!!」



ー瞬間、紫色の神姫にオリオンが飛びかかっていたー



ー目にも止まらぬ速さー



ーオリオンの剣は紫色の神姫を真っ二つにしたー






おお!?目にも止まらぬ早業!!

流石、オリオン隊長!!




「ッ!!」



ー舌打ち一つすると、オリオンはサリエルの残骸から距離を取ったー




あら・・?



あら・・あら~?



この太刀筋・・



アナタ、あの街にいた・・



ーサリエルと呼ばれた神姫は、その身体を真っ二つに裂かれながらも平然と生きて、喋っているー





なんすか・・アレ?




アイツがあの街をめちゃくちゃにした張本人!!





 

ー瞬間、眩い光と共に切り裂かれた体が再び人の姿を取り戻すー




ようこそ、私の城(仮)へ♪



私が「サリエル」以後お見知りおきを♪



fc2_2014-02-08_15-49-21-837.jpg







to be continued.



















  












スポンサーサイト
[ 2014/02/08 14:27 ] ss | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。