スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

# 38 落ちる天使




ー私の剣は、あの方の為にー



ーあの方に歯向う者、全てを切り裂く剣ー



ーそれだけでいいー
















purincesa dios. # 38










・・・聖なる灰の加護?




・・・・120秒あれば十分?





ククク・・!!





「生意気な機械人形ごときが!!」




「頭に乗るな!!!」





ー振り抜かれた両の刃から、淡い輝きが放出されるー


ーが、またもソレは風姫の前で虚しく・・かき消されたー



ー・・っつ!!




・・いい加減、理解しろ。貴様の攻撃は俺には届かん。




ーミカエルの攻撃を無視して、距離を詰めた風姫の刃が・・ミカエルの左腕を斬り飛ばしていたー





「「「やった!!」」」


画像 306
画像 308
画像 309









「・・確かに・・私の攻撃を完全に無効化している」


「・・だが?その身を守るだけの力で私に勝つ?」


「笑わせてくれる・・」





画像 047


ー切り落とされた腕が眩い輝きと共に、瞬時に再生したー




「ククク・・貴様等に出来て私に出来ないはずが無かろう?」



「まぁ、いいさ・・すぐ死ぬところが、1分寿命が延びただけだ・・」



「1分だけ好きにさせてくれる・・ククク・・1分後、その鎧全てが銀色に輝いた瞬間・・」



「その後ろにいる奴ら諸共、スクラップに変えてやるよ」




「ククク・・ハーッハハ・・!!」





「キーーーン!!!!」



画像 318


ーミカエルの高笑いを遮るように、再び風姫の刃がミカエルの腕を切り飛ばしたー



「・・・馬鹿が、何度斬ろうと・・」




「五月蠅ぇよ」




ーそう呟くと、ミカエルを上空へ蹴り飛ばしながら、両腕に握り締めた銀色の剣で四肢を斬り落としたー



「カカカッ!!何度斬ろうと無駄なことを・・」



ーミカエルの言葉と通り、瞬時に剣の形を取り戻した両腕から、輝きと共に狂刃が襲うー


ーしかし、その刃が風姫を切り裂く事は無い、聖なる銀の加護によって掻き消えるー


ー天井の崩れたD社・・地上から遥か上空で繰り広げられる攻防・・ー


ー徐々に輝きを取り戻す鎧と、再生を繰り返すミカエル・・ー



「ククク・・!!どうした!?どんどん鎧が綺麗になってきているぞ!?」



・・おまえの体は、どんどん汚れてきてるけどな・・


「クク・・すまないが・・貴様を八つ裂きにした後で、まだやる事があるのでね?」





「そろそろ・・終わりにしてくれるかな?」



ー瞬間・・ミカエルの刃が、輝きを増した鎧ごと、風姫の右腕を切り飛ばすー




ーっつ・・!!




「・・・これで終わりだ・・!!」




「アパラージタ!!」




ー光り輝く、飛ぶ斬撃!!ー




ーしかし、その狂刃が風姫に届くことは無かったー




ー銀色に輝くシールドビットが・・狂刃を消し去ったー





「な・・・!?」





・・ひやひやさせるよ。まったく・・


・・でも・・ナイスタイミングだよ・・「姉さん」


画像 1127092





・・こっちは大急ぎで再生させたんだから・・感謝して欲しいわ。




画像 1127091








「な・・なぜ貴様が・・ソレ(聖なる銀の加護)を!?」



・・一言でも、俺が「自分にしか使えないー」なんて言ったか?



聖なる銀の加護は・・対象を問わない。その箇所に私の剣が触ればいい。
(その際に灰状に形を変えた私のナノマシンが付着する)



「な・・・・」




・・分かるな?俺の力は「いかなる攻撃も受け付けない」



ーそれが・・ー



ーナノマシンが修復しようとする力でも・・銀の加護への攻撃とみなすー








その瞬間、ミカエルの四肢が輝き崩れ落ちた





ー四肢の断面は銀色に光り輝いているー





「な・・!?馬鹿な!!そんな事が・・!!」




・・さてと・・時間はあまりないからな。



ーそう言って、風姫は残りの剣をミカエルの体に突き刺したー



「が・・っ・・!!貴・様!!」




さて、神様?この高さから落ちて無事でいられるかな?




受身も取れず・・




ナノマシンでの修復も無し・・・



「馬鹿な!!この私が・・!!ミカエルが!!」



ー突き立てられた剣の周囲から銀色の輝きが溢れ出して、ミカエルを銀色に変えていくー



画像 1127080


どうやら、スクラップになるのは貴方のようね?ミカエル?









「私は!!ワタ・・シハ・・!!」



「嗚呼あぁあああぁああぁぁぁあああ!!!!!!!」












ーD社上空、ミカエルは叫びと共に遥か地上へと落ちていった・・ー






  to be continued.











スポンサーサイト
[ 2013/05/27 02:09 ] ss | TB(0) | CM(2)
う~む、「聖なる銀の加護」…強しッ!

こういう能力をみると、すぐに「ウチの神姫たちならどう対処するかな?」などと夢想状態になってしまいます(笑)。

そして、予告(?)通り、ついにミカエルさんとの戦いに終止符が!
このまま、地上へと落下してミカエルさんの命運も尽きるのか?
はたまた、何かどんでん返しが待ち構えているのか?

次回のSSも、楽しみにしております!
[ 2013/05/27 21:29 ] [ 編集 ]
シロさん>奴らの能力はチートも良いところですから(汗)
でも・・トロン&隣なら何かやってくれそうな気がしてならないww
ミカエル相手なら、散々おちょくって自滅に導きそうww
とりま、地上へ真っ逆さまのミカエルと、満身創痍の雷姫&maki一行、どうなるのかは・・待て!!次回!!であります♪(*^^*)
[ 2013/05/29 01:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。